BiND of BiND -Bright ideas,nice design.-

iconダウンロード
エントリーシートなど、大会参加に関連する配布資料はこちら。

icon議事録
分科会の様子を文章で記録しました。参加学生が執筆


top.jpg名古屋マーケティング・インカレは2006年から毎年開催されている、
名古屋近隣大学のマーケティング研究を行なうゼミナールが参加する討論会です。
名古屋マーケティング・インカレは、マーケティングを研究する学生が大学を越えて、交流をもち、研究を深めあうことを目的としています。

名古屋マーケティング・インカレは、2006年の開始時には、2大学2ゼミの参加でしたが、年を追うごとに参加大学が増え、2010年4月現在では4大学4ゼミナールの学生(約80名、5ブロック約20チーム)が熱い議論を繰り広げています。

 名古屋マーケティング・インカレには次の2つの特徴があります。

1)年3回行なわれる熱い討論会
2)『日経ビジネス』が後援

名古屋マーケティング・インカレは3回の報告会からなっています。
まず、毎年6月に第1回目の中間報告会が、10月に第2回目の中間報告会が行なわれます。
第1回目中間報告会では、研究テーマと研究の意義が発表され、ブロック内で質問・意見を交わします。
第2回目の報告会では、第1回目に議論したことを踏まえ、研究成果が報告されます。
そして、12月になると本大会が開催されます。12月の本大会では、ブロックごとに予選が行なわれ、各ブロックから最も優れたチームが、決勝に進みます。

決勝戦は、名古屋マーケティング・インカレの全参加者の前で研究報告をします。その内容が審査員に評価され、最優秀賞が決められます。

名古屋マーケティング・インカレには、『日経ビジネス』に後援いただいています。

名古屋マーケティング・インカレに参加する学生達は、毎週『日経ビジネス』を読み、研究のヒントを見つけています。また、12月に開催される本大会には、『日経ビジネス』から記者の方、スタッフの方をお招きし、講演会を開催します。さらに、『日経ビジネス』の記者・スタッフの方々に決勝戦の審査員になっていただいています。決勝進出チーム、優勝チームにはインカレ実行委員会から賞状とトロフィーが、『日経ビジネス』から賞状が送られます。


第9回名古屋マーケティング・インカレの本大会(日経ビジネス協賛)が愛知大学において開催されました。今回は,愛知大学,愛知淑徳大学,名城大学,名古屋学院大学,愛知学院大学から学生が参加しました。また,特別審査員として,日経新聞社の田中陽氏,日経BPマーケティングの小泉正明氏をお招きしました。

最優秀賞 

愛知淑徳大学 大塚ゼミ みゅー 

IMG_2106.jpg

「国産材の普及を目指せ!ブランディングによる<価値>の見える化」

国産材の持つ「価値」を、名古屋木材との産学協同によって生み出した新ブランド「あすなご」によって「見える化」。実際に、しおりという形で商品化も行い、名古屋メッセで販売。商品販売時に、当該商品・ブランドに対して顧客がいかなるイメージを持ったかを実地で測定、自らが生み出した商品によって、国産材の持つ「価値」が一定程度「見える化」されていることを立証した。

優秀賞・新井賞・日経特別賞

愛知大学 為廣ゼミ -ARROWS→「ためらい人にひとり旅してもらう方法とは?」
愛知淑徳大学 大塚ゼミ Team☆ぴくるす「漬物産業(守口漬)の活性化」
愛知淑徳大学 大塚ゼミ ウィリー「勝川商店街の活性化」
愛知淑徳大学 大塚ゼミ vingtre「オープンデータを用いたまちづくり戦略」
の4チームが入った。教員の評価によって定まる「新井賞」には、ウィリー。
日経審査員の評価によって定まる「日経特別賞」には、みゅーとvingtreの2チームが選ばれた。


2014年度のマーケティングインカレに参加するゼミは、エントリーシートを5月24日までに提出しなければいけません。エントリーシートの原本はDownloadページからもダウンロードできます。エントリーシートに記されたテーマを参考に、教員がインカレのブロック分けを行います。


7月上旬、愛知淑徳大学にて第1回中間報告会、10月に愛知学院大学にて第2回中間報告会を開催。中間報告会では、各チームが15分の報告を行い、その後5分の質疑応答、相互評価を行います。報告で用いる資料、プリントは各チームでブロックの人数分用意してください。中間報告会後に開かれる親睦会には参加が義務づけられています。


12月6日(土)、愛知大学にて最終報告会が開催されます。午前に予選会、午後は日経ビジネス記者の講演会と決勝戦が行われます。なお決勝戦の審査には、日経ビジネスさんも加わります。
当日発表するPowerPointやレジュメは、当日50部印刷したものを配布してください。