2014年度 第1回 中間報告会 グループ1 議事録

2015-04-16

「焼肉のマーケティングー飯田市の焼肉の魅力とは」 愛知大学太田ゼミ Sizzle

『概要』
飯田市の市民は焼肉を食べる人が多いということ、どこの飲食店でも
焼肉を食べれる環境ということから、魅力の発信の立案を行い、
観光客を呼び、経済効果を上げる。そのため、今後は行政への
ヒアリングを行うとともに飯田市の焼肉の定義決定を行う。

『質疑・応答』
Q, 飯田市のお肉はおいしいと発表していたが、
そのお肉の産地は飯田市なのか。
A、 ゲントンなどのブランド牛は飯田市の産地だが、
羊は違う。

Q, お肉がおいしいとのことだったが、名古屋市
などと比べるなど、アンケート調査などしているのか。
A, まだ、名古屋市との比較はしておらず、これからおこなう。

Q, 焼肉を飯田市に食べにきてほしいと発表していたが、
チェーン店をだしては意味ないのではないか。
A,上げたお店のチェーン店は飯田市しか扱っていないお肉が
あるためあげた。

『感想』
誰もが食べたことのある焼肉のマーケティングについて研究なので
すごく面白いと感じた。そして、こんなにもおいしいとのことなので
一度行きたいと感じるような発表だった。
いいね! - 返信返信する
メンバー

「韓国ドラマの魅力」 愛知大学為廣ゼミ センチメンタルジャーキー

【研究概要】
韓国ドラマより日本のドラマをよく見るのはなぜ?
韓国ドラマの魅力はストーリー、役者、映像の三つであること。
ストーリーは特に「非現実的」「わかりやすさ」が特徴としてあげられていて、また映像では「カメラワーク」も挙げられる。研究価値としては、韓国ドラマの魅力を伝えることで視聴者を増やすことである。

【質疑応答】
Q1 日本ドラマの構成要素はなんだと思いますか?
A1 まだ調べていません。参考にさせていただきます。
Q2 強調させるシーンは発表したところ以外になかったか?
A2 他にもある
Q3 韓国ドラマの視聴者を増やすことへの研究価値はなんですか?
A3視聴者を増やすことで韓国のDVD市場の拡大につながる
Q4 韓国ドラマを好きですか?のグラフについて日本のドラマのグラフはないのですか?
A4 24.1%の韓ドラを見ていないからわからない方をターゲットにしたかったので出しました。

【感想】
韓国ドラマは普及しているように見えたので、今回の発表で考えさせられるものがありました。韓国ドラマは面白いと思うので、次回の発表も期待しています。
いいね! - 返信返信する
メンバー
お気に入りに登録する 4: 山下 宙子 2014/7/10(木) 22:07

「補聴器マーケティング」 名城大学 大崎ゼミ team.Peko!

<発表概要>
名城大学大崎ゼミteam.Peko!は、めがね・コンタクトと補聴器の使用率を調べた。すると、めがね・コンタクトに比べて補聴器の使用率が圧倒的に少ないことに疑問をもった。彼らは、今後はさらに高齢者人口と騒音性難聴患者が増加すると考えている。その上、Peko!の調べによると、現在補聴器の商品は充実している。しかし、補聴器は普及していない。そこに疑問をもったのが研究動機である。
まずは、ヒアリング調査に行ってきた。ヒアリングでは二つのことがわかった。一つ目は、補聴器の普及率が低い要因である。それは、難聴患者が抱く補聴器をつけることへの抵抗である。二つ目は、現在拡販に向けて補聴器市場では、補聴器のレンタルや体験会、補聴器デザインの改良を行っていることである。
以上のことから、この研究目的は補聴器の普及率が低い要因を追及・改善を行うことにより、補聴器の普及率を上げることである。研究意義は、聴力回復による生活の質の向上と補聴器市場の拡大である。

<質疑応答>
愛知大学為廣ゼミ
Q. めがねは使用しないと生活に支障をきたすが、補聴器は何か支障をきたすことがあるか?
A. 何度も聞き返されるから難聴者の周りの人が嫌な気持ちになり、話したくなくなる。そのため、難聴者が孤独になる。また、周りの音が聞こえにくいため、交通事故に遭いやすい。

愛知大学太田ゼミ
Q. 難聴の知識がないから、どこからが難聴なのかを教えてほしい。
A. 難聴者とは耳が聞こえないと自覚をもっている人。

Q. めがねは普及しているが、どうして補聴器は普及していないと思うか?
A. めがねはおしゃれとして使用する人がいる。コンタクトの存在も大きい。カラーコンタクトもある。ファッションとして使っているから周りの人からの見え方が違う。

<感想>
声が聞き取りやすく、理解しやすいテンポでした。質問に対して、テキパキと答えており、堂々としていました。質疑応答にて、データに関する指摘が多かったです。そこで私たちが感じたことはもっとデータから動機をまとめられるということです。人の自覚である「聞こえ」を扱う補聴器マーケティングは、難しいと思います。しかし、潜在的なニーズにアプローチしていくおもしろい内容だったので今後も期待したいです。

「熱田区における地域ブランドの確立と活性化」 名古屋学院大学 濱ゼミ 〜オラクル〜

★議事録★
本研究では、熱田区における地域ブランドの確立と活性化に向けて、今後の研究を進めていく。
研究価値は、よい地域資源があるのに活性化されていない熱田区を活性化することと類似した地域への応用によって経済効果をあげることである。ちなみに、なぜ地域ブランドに注目したかと言うと、信頼から安心感、差別化から魅力、活性化から経済効果の3つを生むことができるからである。
地域ブランドの定義は、地域全体を指し示すシンボル体系としての地域ブランド、または地域資源を武器とした新しいビジネスモデル作りを象徴するものとする。
現段階では、熱田区には、熱田神宮や白鳥庭園などたくさんの地域資源がある。その中でも、熱田神宮としらとりていに注目し研究を進めていく。また、アピール不足や連動性がないといった問題点があることも今回の調査で判明した。
今後はターゲットを若者とし、熱田区の地域ブランドの確立と活性化の方策を考えていく。

★質疑応答★
Qなぜ、熱田区に注目したのか?
A熱田区長か、若者の意見を取り入れたいとの要請があった。
Q熱田神宮はもう地域ブランドが確立されているのではないか?
A熱田神宮でも、まだあまり知られていない情報があるのでそれを発信していきたい。
Q定義が2つあるが、それは別々のものなのか、2つあってのものなのか?
A別々のものである。班で調べた参考文献として2つ紹介した。
Q地域ブランドの定義としての例として熱田神宮以外にどんなものがあるのか?
A伊勢神宮を地域資源としてビジネスモデルとした例がある。

★感想★
地域ブランドについて詳しく説明してあり、良かったと思う。スライドも強調したい部分が工夫してあり、見習いたいと思う部分があった。発表の仕方としては、台本や資料を見ながら話す場合が多かったので少し残念だった。

「自販機でなぜ飲料を買うか」 愛知学院大学青木ゼミ 吾輩たちは猫である

★議事録★
コンビニなどの台頭により、自販機の減少が進んでいる。だが、飲料メーカーは自販機にいまだ強い注目をしている。今後、売上をあげるためには自販機においておこる非計画購買の必要性が高まってくる。自販機ならではの欲求喚起と動機づけ要因が非計画購買につながると仮説だて、研究を進めている。まず、自販機はスーパーと比べて非計画購買が起こりやすいということが既存アンケートよりわかる。そして欲求と動機づけにより購買へとつながる。欲求の要因としては製品への直視、自販機のイメージ、屋外要素があげられる。動機づけの要因としては、消費者の購買意思決定プロセスより低関与があげられる。自販機ならではの欲求喚起の要素と動機づけがあり、それらが組み合わさることで非計画購買を促していると仮定し、今後は欲求と動機づけが実際に影響しているのかなどを検証していく。

★質疑応答★
Q.1自販機は選好が少ないという話だったが、例にあげていたコンビニは選好が少ないとは言い切れないと思うがその辺はどうか
A.1コンビニは企業同士の選好があるとは思うが、自販機はどうしてもこのメーカーの自販機でなければ買わないということは少ないため、選好は少ない

Q.2自販機のデメリットは何か
A.2次回までに調べてスライドにのせたいと思う

Q.3欲求と動機づけが実際に影響しているのかをどうやって検証していくのか
A.3アンケートをとり、統計分析をかけて検証していく

★感想★
自販機の非計画購買の理由を明らかにするという興味深い研究であった。マーケ天狗の理論を使って話の枠組みを作っていたため、とてもわかりやすかった。消費者の購買意思決定プロセスで関与を取り上げていたが、なぜ他の動機づけを要因といわれているものではなく、関与ししたのかを明らかにすることで研究に深みが出ると思った。今後の研究も楽しみにしています。がんばってください。

「国産木材産業の危機からの脱却」 愛知淑徳大学大塚ゼミ みゅー

★議事録★

本研究では輸入木材により脅かされる国産木材産業の危機の解決に向け、名古屋木材株式会社と協力し、国産材を多くの人に使ってもらうことを目標とし、『国産材で癒しの暮らしを』をコンセプトとして今後の研究を進めていく。

現段階までの調査によると日本の森林面積の約4割が人工林であり、人工林の割合は年々増加しているが、現在の新設住宅に使われるのは海外からの輸入材が使われているため、国産の人工林は消費されていない。輸入材が使用される理由としては安さがあげられるが、そこには輸入木材にかかる関税が撤廃される木材輸入の自由化がなされているという現状があり、これが問題を引き起こす引き金となっている大きな要因となっている。
輸入材にない国産材の利点は、木目が美しいことや木材の香りが良いこと、そして日本で育っているため日本の風土に適しており耐久性にすぐれてることがあげられる。そのため、この利点を活用した国産材の新たな活用方法を考察していく。更に、協力関係にある企業である名古屋木材株式会社の3つの技術を利用し、より良いものにしていく。

★質疑応答★
Q.スライド番号8について輸入した木でも日本なら技術があり、耐久性に優れているので
 日本の木でもいいのではないでしょうか?
A.輸入したほうが安くでき、日本の木材の利点は木目の美しさや香りのため、
 そちらをうりにしたい。
Q.研究価値について教えてください。
A.国産材を使わなけれなならない状況なのに使われていないので森林産業の問題からの
 却が価値になります。
Q.スライド番号8について耐久性が優れているということがわかる数値的なデータはなどはありますか?
A.年数が経つごとに弱ってしまうのですが、国産のほうが強いです。

★感想★
発表がはきはき話せていて聞き取りやすかったです。
内容については、研究動機が知りたかったです。
次回も期待しています。