本を紙のものとして売っていく意義はどこにあるのか@傅ゼミ

本を紙のものとして売っていく意義はどこにあるのか。
傅ゼミナール・ハンバーグ

〈発表内容〉
・書籍の定義
・書籍の現状
① 紙の書籍の現状
② 電子書籍の現状
③ 書籍の現状
・研究目的 電子書籍による本の新たな形を提案し出版市場全体の活性化につなげる
・電子書籍の背景
① 電子書籍のメリット
② 電子書籍の世界別市場規模
③ 電子書籍の補助制度
④ 電子書籍と紙の書籍の年齢別利用者
⑤ 電子書籍と紙の書籍の支持率
・既存研究で明らかにされていること
① 書籍の関心度合い
・仮説
・サブスクリプションとは
・仮説理由
① 電子書籍の売り方
② 定額読み放題サービスの問題
・仮説の確証方法
・参考文献

〈質疑応答〉
Q.紙で満足している人に電子書籍を普及させるのは難しいと思うが、どう良さを伝えていくか
A.持ち運びが便利等、電子書籍のメリットを伝える。一度使ってもらえばその後も利用してもらえると思う

Q.ターゲットは?
A.紙の書籍、電子書籍を読まない人に電子書籍を読ませる
年代としては、コミックを読む人は若者のため、若者をターゲットにしたい

Q.スライド16 関心が高いという基準はどこで区分するか
A.既存研究でまだ見られていないところがあるため、これから深堀していく

Q.ページ分割とは何か
A.本の一部だけ読めるサービス

Q.高齢者もターゲットにできるのではないか
A.電子書籍に対して抵抗感が若者よりも高いと思うため、主なターゲットとしては若者に絞りたい

Q.本屋で紙の書籍はどう売られているか
A.紙の書籍だと売り場に限界がある、種類少なくなる等のデメリットを電子書籍だと改善できる

Q.一般書籍を扱わない理由はあるのか
A.コミックは無料で出し広告収益で儲ける、または、有料で出すという方法がある
一般書籍は、主に有料であるからあまり伸びない

Q.スライド25 出版社へのヒアリング調査は具体的にどこに行う予定か
A.中央出版社に行う予定。取次ぎや書店はまだ決めていない。

Q.スライド10 アメリカでは紙の書籍と電子書籍のどちらが多いのか
A.紙の書籍が多い。ちなみに、日本だと漫画が多い。

少数派ビジネス~左利き~@濱ゼミ

名古屋学院大学 濱ゼミナール Earl Grey
【発表内容】
テーマ;少数派ビジネス~左利き~
目的;左利き商品の認知度が低いものが多いから
研究価値:ターゲットに市場を気付かせる

(内容)
・左利きが増えている現状
・研究動機
・商品、企業の事例
・アンケート調査より、左利きビジネスが広がっていないことがわかる
→ターゲットに市場を気付かせる。
・今後の展望として左利き商品を買ってもらうために商品の認知度を上げる。

【質疑応答】
Q、スライド9 右利きの人が90%いるのはなぜ?
A.遺伝学的には解明されてないので分からない。

Q.スライド44 消費者の知らないは何を知らないのか?
A.マイナーな左利き商品を知らない。

Q.スライド29 アンケート調査の概要は左ききだけか?
A.そう。
→概要を知りたい

Q,スライド46 商品の認知度はあるのではないか。全体的な認知度であっているか。
スライド32 お玉の着目が違うのではないか。

Q.スライド9 パーセンテージは日本であっているか。
A.世界でも日本でも10%(文献より)

Q.ターゲットに対してニーズが異なるのではないか。企業のほうに提案してもよいのではないか

Q.スライド40 気付かせるとなっているが、スライド44からは必要生を感じさせるとなっている。矛盾しているのでは?
スライド42必要していないなら意味がないのでは?
→研究価値が変わってくるのでは

・ターゲットの絞り方、言い方を変えると市場が増えるでは

Q.どこに問題があって、どこに提案?途中からずれていないか。
A,成長する市場があるのに気付かれてないのが問題

家庭用治療機器にもメイドインジャパンのブランド力はあるのか@津村ゼミ

テーマ:家庭用治療機器にもメイドインジャパンのブランド力はあるのか

研究価値:この商品の売り上げを伸ばし、企業に貢献する

研究目的:COO研究や日本人からみたメイドインジャパンのブランド力などの観点を用いて考える

 

【発表内容】

・研究目的

・(株)ドリーム「歯ぎしりピタリストロング」説明

→日本製なのに外国人を起用したパッケージという問題点

・COOについて

(ブランドCOO、製品COO)

・既存研究

→生産国によって消費者評価が異なることを実証(台湾学生対象)

→日本での既存研究はほとんど見当たらない

・日本人対象のCOO研究

→製品そのものより国々に対するイメージによって判断している

→メイドインジャパンは評価が高い

・マウスピースは健康促進器具

→同じく健康促進器具であるぶら下がり器でアンケート

・アンケート結果

→80%の人が日本製を買う

・仮説

日本製であるというイメージのパッケージを前面に出したほうがいいのではないか

・アンケート2(写真の選定→結果)

・今後の進め方

・参考文献

 

【質疑応答】

Q.この商品はすでに販売されているのか。

A.されている。(現在は外国人パッケージ起用)

 

Q.S40「日本製品関与が平均以上」とは。

A.日本製品関与に関する質問の回答の平均値より上の人に絞った。

Q.写真の選定根拠は。

A.日本人かつ就寝している画像。

 

Q.日本製よりもマウスピースの魅力を伝えたほうがいいのでは。

A.歯ぎしりで悩む人は少ないので、需要を拡大するのは難しい。マウスピースを必要としている人がターゲット。

 

Q.パッケージを日本人から外国人に変えて、売り上げは伸びたのか。

A.具体的な数字は覚えていないが、売り上げは上がった。

Q.わざわざ日本人に戻す必要はあるのか。

A.以前のパッケージの背景などを修正したら効果があるのではないかと考えている。

 

Q.S20「年代」とは。

A.大学生の中で何歳かという意味。

 

Q.対象を大学生に絞った理由は。

A.あくまで写真の選定が目的。

 

Q.どうして「ぶら下がり健康器」を選んだのか。

A.健康促進器具でよく知られている代表例として。

 

議事録担当:愛知大学 為廣ゼミナール 後藤

ときめきメモリアル@新井ゼミ

<チーム名> ときめきメモリアル(愛知淑徳大学 新井ゼミ)
<研究テーマ> ダイエット飲料の可能性

<発表内容>
現在、市場には多くのダイエット飲料が存在している。その中で、今後さらにダイエット市場が拡大する可能性があるのではないかと考えこの研究テーマに至った。この研究内での、ダイエット飲料とは、「特定保健食品(トクホ)または機能性表示食品に認定されている飲料」としている。既存の調査結果から、ダイエットに過半数の人に興味があり、取り入れたいダイエット飲料として、お茶が第1位であることから、お茶のダイエット飲料のポジショニングマップを作成した。その結果、40代から60代の女性をターゲットとした商品が存在しないことが分かった。そこで、40代から60代の女性向けのダイエット飲料を考えるために、アンケート調査を行った。そのアンケートにより、40代から60代の女性のダイエット意識が高いこと、食事制限や健康食品でダイエットをしている人が多いこと、ダイエット飲料を取り入れている人が多いことがわかった。このようなことから、40代から60代の女性へのダイエット飲料の市場開拓の可能性があると考えた。そして、40代から60代の女性をターゲットとする、ティーカップ型のダイエット飲料を提案する。今後の課題としては、ティーカップ型のダイエット飲料商品を具体的な提案を考えることである。

<質疑応答>
Q特定保健食品と機能性表示食品のどちらの飲料を提案するのか?
A現段階では決定していません。

Q研究意義の内容は、研究動機ではないのか?
A意見を参考にして、今後グループで検討していく。

Q女性の中にマイボトルを持ち運ぶ人が多く、その人達に注目すると良いと考えるが、その点についてはどう考えていますか?
Aグループ内でも、水筒を持ち運ぶ女性に注目しようと考えていた。

Qティーカップ型のダイエット飲料は存在するのか?
A存在していません。

Qスライド17のダイエット意識については、どのような分析でこの結果になったのか?
A既存のアンケート調査から、自分達で考えた。

Qスライド29で、ティーパック型のお茶は需要が高いとあるが、その根拠はありますか?
A根拠はまだ見つかっていないので、今後調査していく。

議事録担当:愛知大学為廣ゼミナール まっしろしろすけ

チームアビス@新井ゼミ

愛知淑徳大学 新井ゼミナール チームアビス

テーマ なぜ人は絶叫マシーンに乗るのか
絶叫マシーンとは、遊園地、テーマパークなどにあるアトラクションのうちで高度のある位置から落下したり、高い加速度で思わず絶叫してしまうといった乗り物。

アンケート調査より
・女性のほうが男性よりアトラクションが好き
・女性のほうが男性より高いところが好き

学内調査より
・女性は男性より絶叫マシーンに乗れる。
・テーマパークには、絶叫マシーンを求める人が多く、男性よりも女性の方が絶叫マシーンを求めている。
・男女ともにSNS映えを求める割合が高い。

調査結果:若い世代もほうが絶叫アトラクションに乗る割合が高い。

今後の課題
・テーマパーク各社は女性向けにどう工夫すべきか
・これからの時代の変化にどのような対応をし、売り上げを向上させていくか

質疑応答
・研究の目的は何ですか。
→女性向けにアプローチする。売り上げを向上させる。
・なぜテーマが人にフォーカスしているのか。
→調べた結果、女性にフォーカスしているが、もともと人から入ったから。
・アンケート調査と学内調査の結果から、なぜ若い世代のほうが絶叫アトラクションに乗る割合が高いに繋がらないのではないか。
→スライドには明記していないが、若い世代ではなく、女性の方がです。
・今後の課題の時代の変化にどう対応していくかというところで、対応したから売り上げが上がった、対応しなかったから売り上げが下がったという前例はあるのか。
→前例はないが今と同じでは、テーマパークの売り上げは上がらないと思う。
・SNS映えと絶叫マシーンの関連性は何ですか。
→活性化という意味でSNS映えを用いただけで、SNSと絶叫マシーンを一緒に考えるわけではない。今後は、絶叫マシーンの研究と売り上げを上げる研究をしていく。
・研究の目的は、テーマパークの活性化ですか。レジュメの研究目的はきっかけではないですか。
→間違えてました。
・テーマパーク業界の売り上げがどのようになっているのか。
→次の発表までに根拠のあるデータを探したい。