ウェブサイトへの誘導による認知度の向上~ペットの防災グッズ~@津村ゼミ

【研究目的】

・通信販売会社 株式会社Dream様の商品をどのようにすればもっと売れるかというプロモーションの提案

・ペットの防災ブック「いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?」を知ってもらう

・また、本の内容をひとりでも多くの人に知ってもらい、ペットの同行避難についての知識を身につけてほしい

【「いぬと、ねこと、わたしの防災 いっしょに逃げてもいいのかな?」について】

・これまでの文字が多く、堅苦しく、読みにくそうな防災ブックとは違い、絵が多くなったことで子供でも読みやすくなった

・実際に災害にあった場合のどうやって避難すればいいかの行動パターンが書かれている

・商品分析

〈4P〉 Product:ペット防災の基本ブック/Price:700円/Promoution:あまりやっていない/Place:イベント、ECサイト、POPUPU

〈STP分析〉S:ペットを飼っている人/T:災害時のペットについて対処法を知りたい人/P:でざいんをやわらかくしたペット防災対策用の本

【仮設】

女性向けQRコード付きポスターを利用し、自社のウェブサイトに誘導することで、認知度が上がるのではないのか

【仮設が導かれた理由】

・ネット販売であるが、口コミがない

・一般の書店では売られていない

・アンケート調査より展示会などに訪れる人は女性が多かった

【仮設確認方法】

・女性向けQRコード付きボスターを作成し、自社(LEONIMAL)のウェブサイトへのアクセス数で効果測定を行う

【質疑応答】

Q1.ウェブだけにしかアンケートがないなら認知されているのではないか? A.巡回展にに来てくれた人にアンケートをしてる

→その時点で認知されている。その時点で女性が多かったけど、全く知らなくて電車の中とかに広告があったら男性も興味を持つかもしれない

Q2.ターゲットをペットを飼っている人にすれば全国にもっと広がるのではないか?なぜ、女性に絞ったのか? A.巡回展に飼っている人が多く、そこに来る人はぺとを飼っているか興味を持っている人が来る。その中でアンケートを答えてくれる人が女性が多かったから女性に絞った

→属性ではなく、災害時にペットといっしょにいきたいという人たちに絞ったほうがいいのでは

Q3.ネットで知らえたらただだけど、本が700円で売りはなんなのか? A.巡回展にこれない人のために作った。本を知ってもらうより巡回展を知ってほしい。最後ウェブサイトにとんでほしいのが目的

Q4.なぜポスターを選んだのか? A.プロモーションにお金をかけられない。SNSだ考えたけど、命に関わるものだから炎上しやすいためやめた

Q5.ポスターを見ただけでは興味は出るかもしれないけど認知度は上がらない。ため、もっとウェブに力を入れたほうがいいのではないか? A.ウェブサイトが結構出来上がっている。ウェブサイトまで行ってくれる方法を提案している

Q6.アンケートの目的は? A.Deamさんが連携する前にとりあえずアンケートをとった。

→ターゲットが大雑把だとおもった。来ている人は意識が高いので来ていない人をターゲットにするといい。防災意識は高いけどペットの防災意識が低い人も注目すべき。Priceで、防災グッズとかのところにいっしょにアピールするのもいいと思う

Q7.なんでQRコードにしたのか?ホームページの名前をきさいしたほうがいいのではないのか? A.あまり意識していなかった